こんにちは!お盆休みの方も多いでしょうか。私も、ここ数日休暇をもらい、アサナの動画視聴をがんばってます。

最近ようやく「中級のアサナ」に入ることができました。1日3コマくらい頑張りたいところだけど、頑張れて1.5~2コマくらい。。。

そして、昨日はちょっとお出かけしちゃいました。でも良い息抜きになりました*^^*

では、視聴メモ行きま〜す!


????は、私のコメントです。

●動画視聴メモ●

13:15  スタート

16:00 背骨のストレッチ(あやねさん)

 ????あやねさんはITがお得意とのこと!苦手分野なので尊敬の眼差しです(╹◡╹)

22:15  Marjarasana マールジャーラ・アーサナ/ Cat& Cow Pose/ 猫のポーズ(p.50)

 Marjara: 猫

   1. 過伸展の方も外反肘の方も気を付ける。

2. 手首のシワが均等になるように。

3.手で押す力を意識するようリードする。以下どちらでも、自分が納得できる方を選ぶ。

   a. 教科書記載のやり方

   b. 手のアーチを活かすやり方

逆転のポーズ等の手の使い方は、Marjarasanaのものが基本になっているので、その時も丁寧にリードする。

????たしかに、親指のつき方や指の配置を考えると、アーチの考え方、理解できます!

30:20  四つん這いの作り方

  ★ 足の甲に力を入れて床を押すとお腹に力が入り、体幹がしっかりする。

     でも、もしそれでいっぱいいっぱいになるなら、足の甲は立てても良い。

 ❗️注意点❗️手首、肘、腰、(人によっては「首」も)

    肘:見た目でわからないくらい曲げてもらう

    腰:慣れない方は反り気味になりやすい

     手のリードを必ず入れる。基本的な手の位置は肩の真下。

 [軽減法] 手の位置を一歩前に出す。もしくは、マットを折るなどして手の角度を緩める。また、手首に負担がかかるので、手はよくブラブラさせる。

 ★「注意点」は、土台からみること。注意点を言って、ポイントを説明して、形を整えられるようにしておくこと。

40:30 ポーズのやり方

 ★色々なバリエーション作れる。

 ★このポーズで手首を痛める方も多いので、やるなら短時間で丁寧なリードを。

44:50  あぐらで背骨を動かす

    24個の背骨を1個ずつ動かすイメージ。波打つように。イメージ通りにできてるか動画チェック有効


55:00 Ashtangasanaアシュタンガ・アーサナ/ Eight-Limbed Pose/ 八点のポーズ (p.179)

  ★伸展筋でブレーキをかけながら降りていく=ものすごく負荷がかかる。=筋トレには良いが、筋肉痛になりやすい。

1. 壁で練習してみても良い。ラクにできる。

2. ソファ等で角度をつけて練習してみる。

3. 床で練習してみる。

脇は締めながら肩は下げて、腰を長く穏やかに伸ばしながら胸は反らせる。

   ❗️注意点❗️手首、腰、首

   内転筋を使うことでバンダは使いやすくなる。


1:00:36ブロックを使って内転筋、バンダを使いやすくするやり方

    ★リードの際、必ず注意点をいうこと。お客様に怪我をさせないように。

 ★ 胸をつく位置の決まりはない。


1:07:00 Jathara Parivartanasana ジャタラ・パリヴァルタナ・アーサナ/ ワニのポーズ (p.40)

❗️注意点❗️深めすぎない。

   ★お客様に見本が見えやすい位置で行う。

★ポーズに入る前に、隣の方とズレてもらったりして腕があたらないよう配慮する。

★バリエーションは色々作れる。

1:08:50 ポーズのやり方

1:13:36 リードの仕方

1:14:50  manami先生のシークエンスへの組み方

     1. シャバアーサナの前。副交感神経を優位にするために使う。ポーズは崩しても良い。

2. ストレッチver.1

3. ストレッチver.2 (肩を上げるのが辛い方は、肩の位置を下げる軽減法を)

4. 筋膜ラインを伸ばすストレッチ

????ワニのポーズ大好きで、一人でベッドで寝る前とか朝に思い出したときにやるポーズといえば、本当に、これなんです。これ「だけ」と言っても言い過ぎではないくらい(笑)

なので、セルフリードは結構うまくできたと思います!!

そっか、私がやっていたのは、上から腕を回すver.でした。それは、私が参加していたヨガクラスの名前が「肩甲骨ヨガ」とかだったからかも、とmanami先生のお話を聞いて思いました(スタジオに行っていたのはかなり前なので、参加していたクラスの名前も、もう忘れてきてしまいました・・・????)

1:20:30 アジャストについて

膝と肩を一緒に押していくアジャストは、危険。両方を置くと逃げ道がなくなる。

    →膝/肩どちらかだけのアジャストはOK


●その他manami先生からのアドバイス●

????養成講座受講後:インストラクターにならず、哲学やアユルヴェーダを究めるのもあり。

????ヨガを受講する人は、不調の解消が目的の方が多い。初級のアサナをきちんとリードができるというのは武器になっていく。  

????座学についてのアドバイス:養成講座中に理解しようと焦らなくて大丈夫⭐︎楽しく受講しましょう♪ 自分の心と向き合いながらするのがヨガ。 

????たしかに。あんまりいっぱいいっぱいになったら嫌いになってしまいますよね。まさに、最近の私が近いかも。

「やらなきゃ」でも「時間が取れない。。。他のことも。。。」って感じ。

 まぁ、でも、本当にそれらの気持ちとどう折り合いをつけ穏やかに日々を生きていくか、ですよね。

 日々がヨガの鍛錬なんですね。


あちこちで大雨や猛暑の予報が出ているので、みなさん気をつけてお過ごしくださいね⭐︎

8月7日は旧暦の七夕なので、神社でもまだ七夕飾りや短冊が飾られているところがありました。

色とりどりの飾りや短冊をみると、心躍ります(^^) ...♬

みんなの願いが叶いますように✨✨