20220724-135647 いつもと同じ光景のようでも、よく見れば発見が☆


こんばんは〜!先週は雨続きで涼しめで、昨日、今日は日中扇風機もつけずに過ごせたくらいでした。

さて、動画視聴メモの続きです!メモを取りながら先日3回目のチャレンジだったので、🍏マークのコメント欄には、変化があったところは書いています。


8:25    スタート

11:00   肩甲骨周りをほぐすストレッチ3種

🍏 ほんとに肩甲骨がキュキュっと前後に動きますね!面白い!そして3つ目のエクササイズ、手の甲を肘より後ろに持っていくとめっちゃキツイ!

17:30   下半身のストレッチ

 ★胸椎の伸展はみんなもっとできるようになってほしい(普段の姿勢不良により)。

23:50   胸椎の伸展を意識するストレッチ

26:50  Bhujangasana ブジャンガ・アーサナ/ コブラのポーズ(p.90) ←ミニ・コブラのポーズ(他にも、普通のコブラのポーズ有り)

 ❗️注意点❗️ 1. 腰 2. 首

[ポイント] 肩の外旋、胸椎の伸展、背骨全体を反らせること

31:00   股関節の使い方について

34:35   ポーズのやり方 →チャイルドポーズでリリース

   ノーマル:リラックス系のクラス。胸椎の伸展を意識。

37:30  お尻ふわふわにしておくやり方(ブロック使用)

40:30  筋トレ系(脚も内転筋も使うハード系)のやり方(ブロック使用)


44:15  Adho Mukha Svanasanaアド・ムカ・シュヴァーナ・アーサナ/ 下を向いた犬のポーズ/ダウンドッグ p.70

          腕を上げる時、腕関節外旋、内旋それぞれやりやすい方がいるので、やりやすい方でやるように案内する。

49:55  ポーズのやり方

      座った状態で両腕が、肩関節屈曲を180度できるひとは、ダウンドックでも同様にできる。

だが、肩が上がらない場合は、痛みがなく行けるところがベストの場所。

また、壁に長座の状態で背中をくっつけて両手を上げた時、膝が曲がる場合は、ダウンドッグでも膝を曲げること。

手と手の幅は少し広げて肩周りがラクなところを探す(肩周りが窮屈だと肩を痛めてしまう)

❗️注意点❗️ 1. 手首 2. 肘

      手首の位置に注意。手首が内向きになっていると危険なので、やらないように。

55:30 ポーズのやり方

  目線は、流派によって異なる。目線をへその位置にして背中を丸めさせる流派もある。

🍏最初の感覚は、前回よりラク!と思ったのですが、秒数が増えていくごとにキツくなるし、体重を後ろにしようとすると一気に辛くなりました。

ダウンドッグは、人生で何回かやってきていますが、いつかラクにできるようになるのか全く未知数だけど、変化していくことを期待したいです⭐︎

↑ 7/9、3回目のダウンドッグ挑戦をしたら、最初よりも踵の浮きが少なくなっていました。もう少ししたら、踵がつくようになるかも(*˘︶˘*)

1:01:15 バリエーション:チャイルドポーズ → ダウンドッグ のやり方

  最後はチャイルドポーズになって、顎を引いて起き上がる。

🍏こちらのやり方の方がやりやすい気がする。肩がちょっと痛かったかな。

あと、仕方ないことですが、やってる時にPC画面を見るのが難しいので、先生のポーズを確認しづらい(^^;)

これまでダウンドッグは何回かやったことがありますが、やっぱりまだ得意とは思えない…カカト、床につかないし。。

でも、ヨガやった感が出るポーズの気がします(*˘︶˘*)笑

1:16:30 ダウンドッグ アレンジ1

1:19:30 ダウンドッグ アレンジ2(体側のストレッチ)

 🍏アレンジも、今回が一番やりやすくなっていました。でも、踵は床につかない(笑)でも問題なし!(笑)

  頭に血が上る感じが、以前よりは少なくなった気がしました^^

   ★生徒さんへは、軽減法から見せてあげる方が良い

★ヨガを始めたばかりの人にダウンドッグをやるのは拷問。

★マットが滑る場合:手を置く位置にフェイスタオルやヨガタオルを入れる。マットを掴んでしまえば、滑らない。 


●manami先生のお話

💠調子が悪いなら、その時の状態でできることをしていけば良いし、身体が硬かったら、その時のベストの位置を探す。

💠 あぐらの時、上にする足を変えた方が良いか(やりやすい方ばかりだと歪むので反対を心がけた方が良いか)について

 左右バランスを整えたい場合は、意識してやりにくい方をやった方が良いが、呼吸に集中したい時は、いつもの方で良い。

 →これは私も気になっていたので、質問してくださった方ありがとうございました!たしかに、ですね〜!


🍏manami先生は、「この時骨盤が後傾してると〜だから」とか、本当にたくさんのことをご存知で注意もたくさんしてくださって、改めてすごいなぁと思いました。まだ、自分がアサナをできるところまでも到達できていないし、そこからさらに進んでいることがインストレクターには必要だなと思うと、道は遥か遠くに感じるけど、、、一歩ずつがんばりましょう!


あまり人が気にも留めないような道端の野草たち。立ち止まってよくよく見てみると、蜂が来ていました。

こういうたくさんのことに気づかないで、普段過ごしてしまっているんだろうな、と思いましたが、

自分自身のことも、きっと同じようなものですね。

ヨガも、できないことばかりに思えるけど、前よりほんの少しは知識も増えて、少しアサナもやりやすくなってきているし!

なかなか頻度高くできていないけれど、

小さな気づきを大切に、マイペースでも進めていこうと改めて思います。